基本的なこと

リトミックの指導をしていると、これが四分音符です。

これが八分音符です。これは何拍子です。という説明はあえてしないけれど、動いて感じて、考えて、たくさんたくさん動きをしてから音符につなげていく。

 

一方、ピアノから導入した生徒さんには最初から、音符との出会いがある。

幼児期はたのしく音符と遊んでいくけれど、ある程度弾けるようになると、つい、わかっているだろう、と思ってしまって、その辺がよくわかってなかったのかぁ、と、繰り返しの大切さと、演奏指導だけではない指導の大切さを身に感じる。

もっともそういったことがわかってないと、演奏もそこからすすまない。

なにより今の自分のポイントになってくるのはレッスンの時間配分。

 

 

音価は七田ドレミコースでは繰り返し繰り返し遊んでいく。

 

ミュージックマインドや、リトミックでも。

 

ここは、ピアノ30分のレッスンの見直しが必要だな、と感じた今日この頃

幼稚園の時代はともかく、小学生も半ばになってくると、ドリルをやる子もいるけれど、基本的にドリルの導入を強制していないからこその、レッスンでの取り組みを考えていかなくてはいけない。

 

いろいろレッスン内容を見直すことが必要だなと、また年末。課題をもってみる。

 

レッスンノートに書いた今月の目標もまったくクリアできなかったしね、

なかなか難しい。

 

でもどこかで挑戦していかないとな。

 

と。

 

あと、ミスなく弾けた=上手に弾けた、ではないこと。それはそれはがんばたことはもちろん素晴らしいのだけれど、そこからはじまりなこともあり、ミスないことですべてよしではない。

 

 

音楽と遊ぶ、楽しむ、聴く、感じる。

 

大切にしていきたいなと改めて思うのでした。

 

専門用語並べて言葉で説明して、わかってもらったつもりの、自分が満足する指導では、習う側にとっては、わからない、ということはミュージクマインドを学ぶ中十分に自分で感じてきていること。

 

よし、年末だ。

 

新年くる前に、もう一度自分の指導をみなおそう、と、また、思うのでした。

 

自分のいたらなさに気づいたら、即改善、そして即実践。