リトミッククラス

リトミックっていったい何にいいの?

 

継続して通ってくださってるママたちも思うことがあると思います。

 

でも、感じていることもあると思います。

 

運動会やお遊戯会、お歌の会、集団の中でこどもらしく何か光るものを見つけることがありませんか?

 

それがリトミック効果なのかなぁと感じてくださることも、でも直接的ではないからやってなくてもできていたかなぁとか。。

 

リトミックやっていたら、どうなるの?

 

いろんなことの、元になる?みたいなのはなんとなくわかるけど、大きくなるにつれ別にわざわざレッスンに通わなくてもリトミックはもういいかな、みたいな、、、

 

感じたことを考えて表現して、、ってあえて習うものなのか、、?

 

年齢も上がってくるとできることも増えてくるので、振り付けが決まっていて、ここをこうすれば綺麗に見えてとか、こうやって泳げばクロールができてとか、礼儀も習えて集団の中で協力し活躍できるものがいいとか、練習すれば上達がはっきり見えるものの方が習わせるならいいかな〜ってなると思います。

 

幼児期のリトミックをここで経験し、その後活躍する様子はよく耳に入り、また、とくに効果が見受けられない話を聞くこともありますが(笑)それはそれでもその後の様子が聞けることはとても嬉しいものです。

 

いろいろ悩ましいことはあると思うのですが、今年中さんから小学生の子どもたちが一緒にレッスンできているクラスを継続できていることを、本当に感謝しています。

 

そして、年少クラス、土曜クラス、日曜クラス、と人数は少なくとも、リトミックレッスンをさせていただいている、信頼して大切なお子さんを預けてくださる思いを、真摯に受け止めています。

 

昨日は年中さんから小学生のクラス。

 

年上がすごい、ということは教室ではとくにそういうふうにはしないのですが、小学生はできることや理解する力や使える言葉が違ってきます。

 

かといって幼稚園生ができないということではないですね。

 

年中さんはまだそれはできない、と本人がおもうこともあります。

 

でも、挑戦するとできてきたりする経験は諦めない心を強くしていきます。

 

とくに思ったことを言う、表現するということはやはりこのクラスでずっと取り組んでいきているので、ずっと共に過ごしていることの凄さを感じます。

 

例えば、、

ここ最近のレッスンでの出来事では、、

 

ティティター(八分音符八分音符四分音符)とターティティ(四分音符八分音符八分音符)のリズムのキャラクターの違いという取り組みで。

 

この二つのリズムは同じ音符を使用してますが、性格が違います。

 

それを感じるところから。(これは私もいまもなお自分でレッスンを受けて実際に感じ経験してます)

 

まず正確に音価を聴き取り動けなくては遊べないのですが、そこはかなり経験してきています。この課題も毎年やっているので初めてではないのです。

 

体をうまくコントロールして、ピアノの音をよく聴く力もなくてはいけません。

誰かの真似をするのではなく、自分と音と、自分の体のコントロールと、風の動きに、部屋の広さ、行きたい方向、など一人一人自分と音楽と動きに集中していきます。

 

いつものようにビートに合わせて歩くとこから始めて、途中でリズムを変えていきます。こどもたちの体は自然に反応して動いていきます。

 

今動いてみてどう思った?

 

みんな、一生懸命感じたことを言葉にしてくれます。

「最初はふつうで〜途中からてぃてぃたーになった、、」とか

「最初はターターで途中から変わった」とか

 

それからさらに二つのリズムを動いて

 

みんなで何か違うか考えます。人の動きも見て考えます。さらに自分で動いて感じてみます。

何か違ったかな。なにか気づくことはあったかな?

 

みんな違いを思い思いの言葉で答えてくれます。すごいです。

 

 

パズルで大きさもみてみます。

 

また動いてみます。

 

指揮もつけてみます。

 

全然違う気持ちになることを経験していきます。

 

みんなにまた何か思った?って聞くと、

 

みんなまた個々の言葉で答えてくれます。

 

自分が感じたことを言葉にするまでには、いろんなことを考えています。

いろんなことに気づいています。

 

それをいろいろなことで繰り返し繰り返し体に入れていきます。

 

まだ漠然としかわからないことも、自然にその違いを習得したことによって、

 

その過程に起こっている、何か気づく経験は、なにかの上達として目にみませんが

レッスンで言葉でいってもらうことによって、すごいことが起きていると私は感じています。ピアノのレッスンにはこの感覚はとても効果的なことは言うまでもなく。

 

こういって、書き出すと長くなって、また抽象的になってしまう、、

本当に、この辺も、もっともっと私も勉強して、うまく言語化してみんなにリトミックってすてきなんだよ〜って伝えられたらいいんのですが。

 

そろそろ七田ドレミコースの時間で焦ってきました。

 

まだ幼稚園に通う前は、その前にママとできる素晴らしい経験を、と、取り入れた七田ドレミコースですので、今日もまた楽しみです!