23日はピアノクリスマス会

ピアノの生徒さんのクリスマス会が23日に迫ってます。

 

特別なことは今回はやらないのですが、みんなには今やってる曲やクリスマスの弾いてみたい曲をえんそうしてもらったり、トーンチャイムしたり、オードブルやケーキを食べて、かるた大会して、ジェルキャンドルをつくろうかな、って予定してます。

 

4月に発表会を控えての12月の演奏はちょっと落ち着かないです、やっぱり次は夏の発表会に戻しますね〜。とはいいつつ、会場は1年前に抽選だからなんとも。。

 

今週から年内最後のレッスン、クリスマスリトミックが始まっています。

f:id:MM201112:20161217093120j:plain

f:id:MM201112:20161217093050j:plain

かわいいでしょう〜❤️

 

そして、今日月曜はお母さん参観日。

 

土曜のレッスンは人数が少ないのと、講師は私一人なんで、お母さんも一緒にリトミックをしてもらっているのですが(親子リトミックというよりは、ママも一緒にやろうリトミックって感じで、ママがリトミックしてくれてます)

 

他の幼稚園クラスは母子分離

ということで、たまにはママも。

 

掛け声のタイミングひとつにしても、ドキドキするもんです、それをみんな乗り越えて、積極的にレッスンに挑めるようになっているんですよ〜

 

一人でできるようになるまでさりげなく一緒に伝えていくものっていうのはあるのですが、

 

それは今の私の先生も、いつも不安な時そっとそばにいてくれるので、その優しさが素敵すぎて、私もそうなりたいなって。

 

そばにいてくれるだけで、勇気が出たりするものです。

 

そして、経験することによって自信がついていきます。

 

なんだかわからないことに挑戦するって、なかなか難しいです。

 

たとえば、ソルフェージュクラスの小学生と即興の課題をしていると、楽譜がないと弾けないって悩んでしまう子供達がいます。

 

実はわたしもリトミックを始めるまで、

そうでした。

今もまだまだ、まだまだまだまだ、、そうです。

実はわたし、今日もそのまだまだまだまだを経験してきたばかりです。

 

 

でも、それを小さい頃から経験していくと、とても柔軟な楽しみが増えるように思います。

わたしのように大人になってしまっても、楽しいことが増えますから。

 

でもそれを学んでいくには結構勇気もいるので、、

性格にもよるでしょうが、、

わたしのように人見知りで、自信がないととか、恥ずかしいから、、とか、、じぶんが心に思っていることを言えない子って少なくないような、、、、

 

だから、見ているとどうってことのないことをやってるようかもしれませんが、じっさいやってみるとなかなかな感情や神経を伴うので、なかなか、なことをやってます。

 

いろんな意味で。

 

それをあたたかくみまもってくださっているママたち。

 

そして、さっさとレッスン切り上げてのお菓子パーティ。

今日はちょっと一緒にゆっくりできなくて残念なわたしでしたが、、

 

ママたちの暖かさに感動でした。

f:id:MM201112:20161219151556j:plain

クリスマスプレゼント一つ用意できなくてごめんね。

 

 

来年になるとのこり数回のレッスンですね。さみしい、、、

 

小学生になっても土曜9時のリトミック募集してますよ〜〜〜!(講師はわたし一人になりますが、、、ママもどう?)