私の腰痛、生徒との格闘

先週の水曜日にたまらなく痛く、病院へいき、、、

もう一週間というのにまだ歩行が大変。

 

骨盤のズレからの腰痛ですが、ズレはすぐに接骨院で治り、でも、

その周りの支えてる筋肉の損傷、と言うのでしょうか、支えてるものが役立たずになっていて、動けないようです。

 

これは外傷ではなく、生活パターンによるものらしいので、いろいろご指導いただきながら、今日もまだまだ、、、

 

 

長年患っているのですが、年とともに治らなくなってくると、つまりは運動不足、ということで、、、

 

もう一度治ってきたらダイエットに運動しないと、、とまたまた大反省

 

1月にガツンとやってしまったとき、結果、3月いっぱいまで痛かったのですが、今もそのときと症状は同じ。今回はハロウィンが月末にあるでしょう、だから、なんとしても治ってくれないと、、、会場準備なんて到底出来ない😢

 

今回は痛みの原因と筋肉のことを先生が教えてくれるので、早期復活を願い。

 

先生も外傷ならどれくらいで治るって言えるんだけど、この生活による場合はなんとも断言できないんだよね、、って。

 

簡単な体操教えてもらったから、頑張る!

 

でも昨日は電車に乗るなんて出きないので、自分のレッスンを休み、さらに、今日は役にたたない体なんで、、バイトはお休みさせてもらいました。。

 

さらに大きな反省は、動けない自分に違うパワーを持たないと、子供たちはうごかせないということ。

 

昨日は幼稚園生のレッスン、、ハロウィンでプチ発表を予定してるのだけど、そのための練習を始めたのですが、こどもたちやってると楽しくなちゃって、興奮してしまう、、

 

手を繋げば引っ張られるし、体当たりもしれくる、、腕を掴んでぐるぐる回ってきたりもする。腰が壊れてなければ、対応できるけど、できないんだ、、って話しても、そりゃ〜わかんないよね、、ごめん。

 

そのうち、動かないで口先で子供を動かそうとするもんなら、聞く体制もハロウィンの楽しさでウキウキで崩れているから、、、もう、ダメ、、無理するのやめよ、何も教え込んでむりやりやらせても身にならない、と思い。。

 

思わず、「ねぇ、ハロウィンの発表のための練習しなくてもいい?いつものレッスンなら、先生今の状態でもできるから(こどもたちが落ち着いてるので)、いつものレッスンにして、発表もいつものレッスン見てもらおうよ、なにも特別にハロウィンにしなくてもいいよねぇ、大変じゃん、発表のためにわざわざセリフ練習したり、歌覚えろって言われたり、、」

 

って打診したら。。

 

「やだ〜ハロウィンのレッスンしたい、ハロウィンの発表がしたい」ってみんな。

 

じゃぁ、、、そうしましょう。

 

このクラスはリトミックの課題ではフレーズを意識した、プチ劇目指せプチミュージカルが、私のお題なんです。

 

やりますか?

 

やる!!!

 

じゃぁ、よろしく!ということで、意識を統一するとこでレッスン終わり。

 

はい、あと、たったの2回のレッスンですが。

 

こどもたちのやる気を背負って、挑戦してみます〜