8月です

サマーコンサートが終わって、ちょっとバタバタしてましたが、今日は落ち着いた8月を迎えました。

 

コンサートの日を振り返る間もなく動いていて、今日、ふとふりかえり、、、

 

みんなが残してくれた感想カードを分けてました

 

感動。

 

書けたら書いてみて、と取り入れた感想カード。

 

みんなのコメントを読みながら、ただただ感動です。

これ、もらった子みんな嬉しいだろうなって。

 

そして、今回書けなかった子も、きっと次回は楽しく書くことができるんじゃないかなって。

 

みんなのコメント読んで、渡した子たちみんなとても嬉しそう。

 

よかったね。

 

知らない子ばかりでも、こんなにみんなあったかいんだね。

 

今回は無記名だったけど、次回は名前書いてもいいな、って思いました。

 

f:id:MM201112:20160801185531j:plain

まだまだ半分。

f:id:MM201112:20160801192004j:plain

これが一人に渡したメッセージ。

中にはママたちが書いてくれているカードも、これも嬉しいね

 

感想読んで渡したら、みんな誇らしげに、もう一度コンサートで弾いてくれた曲を弾いてくれました

 

自分にとって大好きな曲がさらに大切な曲になっていったことでしょう

 

今回はよく意味がわからなくてできなかったとしても、それはそれでいいと思うのです。

 

経験してうれしかったら次はきっとやってみようっておもうこともあるし。

強制ではないなかで、自主的にやってみよっかな〜って思えたらいいなって考えて提供してます。今日やって明日できることではなく、経験しないとわからないことってたくさんあると思います。

 

小学生さんは、今回の目的の一つに、言われたから動く、のではなく、自分から考えて行動していこう、ということがありました。

 

みんな自分の役割をきちんと責任持って担当してくれましたね。

f:id:MM201112:20160726135955j:plain

司会進行、

f:id:MM201112:20160726142134j:plain

幼稚園生のサポート、

f:id:MM201112:20160726171150j:plain

パワーポイント担当、マイクまわすかかり、

発表の役割、立ち位置、歌の協力、

f:id:MM201112:20160726165729j:plain

演奏前のスピーチ、今回今までになく、なんと全員しっかり言ってくれました!

しかも3年生以上はみんな英語で、1年生で一人、2年生で二人、英語を選んでスピーチしてくれました。

f:id:MM201112:20160726140756j:plain

 

なかなか長くて大変って思うお友達も、あっという間だったって思うお友達も、いろいろだとお思いますが、じょじょに、会をつくりあげているのは自分たちだって思ってもらえたらいいなって思います。

f:id:MM201112:20160726135444j:plain

お食事も楽しめました

 

暖かい眼差しの環境で、子供達がのびのび活躍し、堂々と発表し、気持ちよく演奏し、緊張はあったでしょうが、いつもと違う、を、経験してもらえたと思います。

 

どうして、こんな豪華なとこでわざわざ?と友人に聞かれ、子どもたちには、そんなとこでも立派に振舞えることを経験させたい、音楽の楽しみ方をいろいろ伝えたいなかの一つの過程、特別だということを認識してもらいたい、今回はそういうとこでスピーチさせたい、などなどいろんな思いを話したりしたもんですが、みんな立派でしたね。緊張感と優雅な興奮と。そして、そばにいるのは大好きなお母さん、家族。

 

近いけど、甘えられるほど近距離ではない、ちょうどいい感じの距離感でした。

 

どんな場でも、子供たちは、しっかりその先のなにかをつかんでいくんだと思います。

 

経験するということは、いろいろ意味のあることだと思います。

 

そして意味あるものにつくりあげる責任が私にはあると思っています。