読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週の幼稚園児

月曜クラスは久々に全員出席

やっぱり、みんながいると楽しいね

 

このクラスは今カノンの練習を中心にしています

だいぶ上手に聴くこと、動くことができるようになってきました

これを8月に発表できたらなって思っています

 

いろんなことがわかってきて、できるようになってきたねっていうのが年長さん

月曜も火曜も、それぞれとてもいい感じに成長してきているのが、見えています。

 

火曜は、身体のコントロール、心を整える、静と動、を中心にしています

まず、発表会用にある打診をしたことに対して、年長さんは「え〜、、」これって思っていた通りの反応で、口では取り合えずそういうだろうな、って思っていたのですが、そう言われるであろう打診の仕方が手っ取り早かったので、そうしたところ、

年少さんが「僕は、やります」「僕もやります」、それは意外だった。。

その気合いにすぐその場は私の提示したシチュエーションに。

 

すごくあっという間に順番も決まり、課題にのめり込んでいくのがすごい。

 

初めての知らない曲に合わせて、すぐに作品を創り上げてくれました

 

何てことのない、ことのように見えておくのふかーーい、いろんな要素を含んだ課題です。発表会に披露したいけど、日にちがあくからちょっとテンションの持って行き方が難しいけど、うまくいったらいいな。

 

もひとつ、今日のレッスンで年少さんがちょっと喧嘩っぽくなって、って、じゃれあいなのですが、少し行きすぎる感じの、、

で、私はレッスンを進行していくので、そういうことは他の先生に任せているのですが、小さい時から見ているのは私だし、今日はちょっと一言いっとこう、と、その件に話を向けていたところ、、

 

(2歳クラスの時を思い出していただくといいのですが、例えば、楽器の扱いを乱暴にして注意を受けたり、返却できなくて、今は何をする時かとかいうことに、時間を費やす時ってありましたよね?)

 

状況が大したことじゃないと判断したのか、年長さんが「ねーそんなのもういいから、早く次やろ〜早くレッスンやりたいよ〜」って

わぁ、、ごめん。そうだよね。

 

一分1秒だって、レッスンがしたいんだよね。

 

いろんなことができるようになって、わかってきて、年長さん、絶好調です。

 

すごいなリトミック

あんなに子どもたちをやる気にするなんて。

 

 

もっと、もっと、を大切に伸ばしていってあげないと、がっかりなんかさせたくないもん。って肝に銘じる毎日です。

 

こんどは瞬間的であってもじゃれあいする暇ないよう、そんなレッスンにするぞ!