読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもたちの誘導

リトミックレッスンのこと、

月曜久々に4人全員揃って、、

もうレッスンはあと3回くらい?

となると、今日初めて発表会の話をする子もいる。

 

いつものレッスンなら、気持ち落ち着かせて導入の時間を大切につかめるよう、、自分とピアノの音に集中させ身体のコーディネーションを整え、、、自然に誘導していって、、とかなんとか

そこを意識してやってるのですが、もう余裕ない!

さぁ、やります!!

 

みんな初めての歌とか、当然ポカーン、、、、

せっかくリトミックですから、歌だけうたいます、っていうのではないから難しいかもしれませんが、、、今までレッスンでやってきたことですから、ぜひ挑戦してもらいたいな〜。

 

ちょっとだから、、4フレーズだけ。

 

、、、、

 

面白いって思ったことはすぐに食いついてくるけど、やれと言ってやってくれるわけがないので、、なかなか、、、

 

わたしの今の想い(発表会がありますよ、レッスンあと少しですよ、ホールでやるんですよ)なんてどうでもいいわけで、

  

できるできる!先生だってしらないけど、ほら、もう覚えたでしょ〜とかいってこどもたちに自信持たせてくれたり、、、先生方ありがとうございます、、

きっと大丈夫、4人に3人の先生なんでできると信じて、、、

 

でもね、これがいいなって思うんです。

 

先生と生徒って関係はできているけれど、わたしのレッスンを素直に受けてくれて素直に反応してくれるからこそ、わたしの指導力は上がっていくんだと思っているからです。

先生が絶対で、言われたことを生徒がやる、そんなのは、やりたくないのです。

 

子どもたちが、どう感じて、どうおもうか。

難しいって思うのは根本にたどるとどこにあるのか。

提示の仕方か、基礎的な部分の指導不足か。

練習のもんだいなのか、意識の問題なのか。

 

レッスンを振り返ると答えは出て来ます。

 

リトミックは、これを習得させていきたいな、、って思ったとき、いく通りも指導法があります。いろんな道具を使って、いろんなアプローチができるのです。

だからこどもたちは飽きることなく、遊んでいる感覚でいろんなことを吸収していきます。

吸収できることが音楽だけでないことは言うまでもありません。

 

先日教室のチラシを見た2年生の女の子が(去年までリトミックやっていた今はピアノの生徒さん)

「先生?リトミックレッスンって書いてあるけど、わたしのやっていたリトミックもレッスンだったの?」

「そうだよ、なんで?」

「だってわたしリトミック大好き、とっても楽しかったんだもん。あれレッスンだったんだ、、、」

「うん」

嬉しい限りで、ちょっと、、ピアノのレッスンは、、、、、どうなんだ?とか、頭をよぎりましたが、楽しい。それがなによりの嬉しい言葉で、たくさんリトミックで楽しんだ彼女のピアノもとても音色に動きがあり、音楽的で素敵に弾けるようになっています。

 

昨日といえば、、

 

ピアノレッスンで、男の子が、「先生この曲のこの部分では、これがでてきて、こうなるのがいい」

 

って言い出して、、これは、、秘密すぎてブログには書けないのですが。

そのイメージ力の素晴らしさ。

わたしとの舞台作りをリトミックを通してやってきたからこそ、こんな発想もできるのかな、、とか勝手に思いつつ。まぁそうでなくても、嬉しい限りの提案で。

舞台で何ができるか、ってことを伝えたい、っていうのも、発表会を行う上で伝えていきたいことの一つだったので、音楽を通していろんなことを楽しんでいってほしいなって言うのはこころからの思い。

 

いちおう、今回の発表会は舞台演出は反響板使うのでやらないので、

ハロウィンでやりたいな〜と一案もらい。そしてわたしの新たな夢をもらい。

 

洗濯できたので、今日もいい天気、元気にいきましょう😊

 

 

 

 

リトミックの選曲

今日は久々にピアノにむかい、、


ピアノの生徒さんも発表会に向け譜読みも終わってきたから弾くことがそんなに大変ではなくなってきたのでは?弾けてくると楽しくなってきますよね。


子どもの頃一時間練習とか長くて、時計の針動かしてみたりしてましたが、、


いまとなっでは3時間4時間あっというま。

鬼気迫り、、と言うのがありますが、、


なんとかリトミック発表の課題になる曲を抜粋し、少しストーリーつけて、まだまだ考えるけど、あとは、ボツかイキかみたいな。


いままでの発表も一応ストーリーはつくっていて、でも音楽でつなげたかったので、ことばをいれずやってきました。


でも今回はナレーションありに挑戦。


脳内にはみんなの顔や動きが、、、、浮き上がってくる浮き上がってくる、、、


以前は課題の目的など説明した発表の時がありましたが、

音楽でつなげることと見てる人がわかりやすいようにナレーションいれたいな、を一つにし、またちょっと違った感じになれたらいいなーとおもうのです。


いまのとこ9曲

そのうち2曲は生徒さんに任せ、、

よろしくね💝


7曲弾けるか私、、🤓


しばし引きこもりになりそうです🎹

ピアノ演奏を克服するには、、

昨日はレッスンをお休みさせていただき、後藤ミカ先生の新譜「新しいくつと青い空」のレクチャーコンサートに参加してまいりました。

 

うちのクリスマス会でもミカ先生の「ブルグミュラーでお国めぐり」という楽譜の中の「タンゴ・デ・アラベスク」をお母さんと素敵に連弾してくれた男の子もいましたが、カッコよかったです。

 

お会いしたことはなかったので、熊本からいらっしゃる、ということで行きたい〜ということで、振替を了承してくださった水曜日のみなさん、ありがとうございました。

 

でも、申し込みをしてから私事で色々あり、レクチャー受ける気持ちに全然なれてなくて、お勉強もほぼできてないし、かなり気弱で休んでしまおうかと、、また弱い私、、が出てきたのですが、、みんなのレッスン振替てまで作った時間、行かなきゃダメ!と向かいました。

 

行ってよかった。

 

やはり、作曲家の方、自らの言葉で、そして、演奏でいろいろ伝えてもらえると、ただ音符の並んだ楽譜が空に舞うように素晴らしく見え、感動いっぱい。

ピアノの先生たちの素敵な演奏に心がジーーンとしていると、、

 

私の番。最後。。。。

 

連弾なんですが、、、娘のピアノの先生、そして私がセミナーでもお世話になっている先生、そして、今日という日をつくってくれた、ますこしょうこ先生との、、、

 

なんと、、また頭が真っ白になっちゃって、私どこ弾いているんだか???

あれ〜、、、、となっていても、、、わたしもいつも言いますが、音楽は止まらない、、、ということで、、、

 

「も、、、、もどれない、、、、」ガーーーッン

前日にみはっち捕まえて練習したのに、、、。。。

 

ミカ先生の「大丈夫!大丈夫!」みたいな声がなんとなく聴こえ、、、

自分の周りには膜が張ったような感じになっちゃって、、、でもやるしかない、、、

このまま時が過ぎてはダメ、、とかなんとか、、よくそんな考える時間あったなと、、

 

しょうこせんせいもその場の空気とわたしの気持ちを察してくれて?か、最後の音外してくれて、、、おかげで深刻にならず和やかに終わったわけですが、、、(-。-;、、わざと外してくれたに違いない、すごすぎるとっさのやさしさパフォーマンス、、す、、すみません〜〜(ここで謝っとこ)

 

もうブルブルです、、

そのあと、ミカ先生からたくさんのアドバイスをいただき、こう弾いてほしい、という想いがたくさんで、その曲がもっともっと好きになって、もっともっと楽しくなりました。

 

まちがっちゃって恥ずかしいって気持ちはなかったんだけど、自己嫌悪の渦にいるわたしも、先生の「その音かわいい」とか言われると超ウキウキになっちゃったりして。

 

言葉ってすごいなって改めて実感。

 

今日はこれから他の先生たちが弾いた曲もみんな弾いてみようって楽しみが増えました。

 

わたし、、、やっぱ人前で演奏するのもうほんとに苦手。。

 

っていいたいとこだけど、練習してなかったんが悪いんだなって。

 

わたしは頭の回転も速くないし、基本ぼーっとしているし、不器用だから、人の何倍も練習しないと人並みにならないタイプで、学生時代も必死でした、、

 

 

昨日、ピアノの生徒さんが、「どれくらい練習すればいいのかな」

って質問してきたので、わたしが今日の真っ白になちゃった話をしたら

「わかるわ〜」と共感してもらい痛かったわたしの心も少し落ち着き、、って生徒さんに慰められてるわたし、、、

 

だから練習は、時間や回数ではなく、自分でよし、とするとこまでかね〜

その範囲が広いとまた大変だし、厳しすぎても大変だから、今週はまず、、、、

 

とかなんとか、そんな話になりつつ。

 

みんな時間は一緒、幸せは気づくもの、時間は作るもの、、

 

 

強風

春2番?なんだかすごい風で変な天気です。

 

今日は腰が痛いものの私も自分のレッスンに行け、楽しかったな〜と余韻に浸りつつ子どもたちのリトミックレッスン。

 

4人メンバーがなかなか揃わないけど、いつでもここがある、そんな雰囲気のクラス。

2歳の時はママの後ろに隠れていたような男の子、いまでは自分のレッスン、ということを存分に楽しんで進んで習得していってるのがよくわかる。

 

リトミックというと、女の子の方が一見好きそうだけど、実は男の子も楽しいようです。母子分離してからの男の子の変貌ぶりがおもしろい。

 

そして、今日レッスンの初めに、発表会の練習するねって話したら、

「なにするかわかんないからできない〜」って女子の声が。

 

そうだよね、まだなにも言ってないからね(笑)

 

では、ピアノに合わせて歩いてね。

 

そこからはもう言葉の説明は多くはいらなくて。

 

一歩踏み外すとふざけそうになってしまう一線を冷静に保ちつつ、、

 

内容が楽しいと、、、もっとやりたいやりたい。

 

ちょっとむずかしくなると、、、、疲れた〜。

 

この疲れた〜は素直な言葉で、わたしがもっと提示を上手にできれば、難しいとか思わないでできるはずなので、(実際12月には楽しんでやっていた課題なので)形を変えて提示しているわけですが、どうもこどもたちの心を掴めてないな、、と振り返りつつ、ちょっと指導法にて要研究、、と思うわけで、それもこれもレッスンができるから、自問自答しよりよいレッスンを目指していけるわけで、真摯に受け止めています。

 

。。。。そんな感じはありますが(笑)

とっても素敵なレッスンになっています❤️

 

そして、いままでいろんな楽器で即興演奏をしてきましたが、今回はピアノで。

 

ママにもちょっと体験してもらいましたが、子どもたちにとって、ピアノって音楽って本当に楽しいって経験の一つになっていると思います。

 

いかようにも変化する音。

 

緊張もするけど、耳と心を開いて、集中して。

 

わたしもまだまだ勉強中ですが、みんなと一緒に成長していけたらなってピアノを通して時を共にできることの素晴らしさを噛み締めています。

 

このクラスは4月にはみんな小学生。

月曜のリトミッククラスはみんな卒園。

このメンバーでのレッスンものこりわずか。

 

月曜2時半の時間はリトミッククラスは開講にはならなそうなので、クローズとなります。(よってピアノの生徒さんを若干名募集しております)

 

 リトミックを支えてくれた保護者の皆様、そしてレッスン楽しんでくれたみんな、もう小学校、時間的にレッスンができなくなってしまうのはとっても寂しいけれど、みんなのことたっくさん応援してます。

ここで得たことは必ず力となっていくことと信じています。

 

そしてリトミックレッスンができなくなってしまう私、そんなときはまたいつかのための充電期間と思って、自分自身より勉強を深め、ステップアップすべく努力は惜しまないで上手に時間を使っていこうって思う今日この頃です。火曜クラスは存続できそうなので、もちろん大切に指導してまいります!

 

素敵な発表ができたらいいな。

その素敵の意味を見る人にも感じてもらえたらいいな。

 

あしたも幼稚園リトミック、レッスンたのしみ😊

 

 

幸せ

いいことないかな〜、ってぼやいていたら娘に、、(上の)

 

「ママ〜、幸せは願うもんじゃないんだよ〜幸せってきづくもんなんだってよ〜みんな言ってるよ〜」

 

「え?築く?気づく?みんなって誰さ(フン)😠」

 

「ママ〜、、気づくだよ〜、よく聞くよ〜」

 

ちょっとハッとした。

 

いつも幸せを築こうとしては自分一人空回りしてはいなかっただろうか。

 

「そうか、そうか、そうだよね、ママは幸せだ、だって今日も二人とも元気だし、それがやっぱ何よりだしね」

 

そんな話から生徒さんたちの話になって、みんな本当に大きくなったよね〜っってますます幸せ噛み締めて。

 

なにげない毎日が本当に素敵なんだなって。

 

花粉症と風で体も肌もカラッカラだけど、心までそんなんになっちゃったらピアノの生徒さんみんなにあげた宝石が、私も持ってる宝石が、、、石になっちゃう。

 

一番近くにいる大切な娘がこんなに大きくなったんだな、、って改めてジーーンとした今日でした。

 

そんな今日も、ソルフェージュクラスは発表会に向けてなにをするか話し合い。

私が提示した曲を分析してもらい、曲からなにを感じるかイメージし、そこから見えるものをどのように考えるかを話し合い、ほぼ私は見ているだけ。

こちらのクラスの発表も楽しみです。

 

七田ドレミコースの生徒さんもも、水曜クラス、土曜、日曜といるのですが、発表はみんな一緒に行うので、やる内容を決めました。

ほぼ、普段のレッスン内容ですが、リトミックでは「たんぽぽの一生」を展開してみますね。

 

幼稚園リトミッククラスは、「森」というお題で何かを造っていこうと思っています。

まだストーリーが思いつかないのですが、やる内容は、聴覚による即時反応、空間とコミュニケーションを意識した直線と曲線の身体表現、不等拍の曲の経験、補足リズム、などを発表会を意識して練習始めました。もちろん発表会に出演しない生徒さんも問題なく課題に取り組んでいます、だれもが素晴らしい経験ができる内容だと思ってレッスンを展開しています。

 

ここまで書いてきて、、、

 

改めて幸せだな〜

 

って思う私でした。

 

さらに明日は楽しみにしている自分のリトミックレッスンなので、

 

たくさんの幸せにあっさりどっぷりつかって、さて、お風呂に入ります〜😊

(たんぽぽも、森も、はやくリトミックのストーリー考えなきゃね!)

 

あ!ピアノの生徒さん!(いつもは置いといて、、、まもなくリハーサルですよ、、)

毎日ご飯食べてますかぁ?

自分の曲にも忘れずにね〜😁

 

 

 

 

七田ドレミコース 4月からの生徒さん募集中

四月から新クラスがスタートしていきます。

 

よって、新しいクラスをつくっていくことになります。

 

レッスン日は水曜です。

 

時間は9時半から1時半の間で設定していきます。

 

時間の詳細はまだ一部確定しておりませんので、なにかございましたら、ご相談ください。全クラス募集中です。

 

0歳から1歳のクラスと2歳から3歳(4歳でも可)の2カリキュラムございます。

年齢は目安です。

 

確定時間は ✴︎9時半から10時20分の部 2〜3歳 

      ✴︎10時40分から11時30分 2〜3歳児

      ✴︎11時40分から12時30分 (年齢未定)

      ✴︎12時40分から1時30分 (年齢未定)

七田ドレミのコースは25分のレッスン時間ですが、グループレッスンの場合みなさんゆっくり楽しんでいけるよう50分の時間を設けております。(グループは二人から)

(個人の場合は30分になります。)

 

今という大切な時期をあたたかくつつみ、個々の成長を育んでいけたらと思います。

 

音楽はつめこみではありません。

ママと一緒に楽しく経験する、それがとても大切です。

大切に大切に土壌づくりをしていく感じです

 

いずれ必ず母子分離していきますから、一緒にいれる間は一生のわずかな時なので、大切に過ごしていきたいですね。

 

体験レッスン随時しております。

 

 

 

 

七田ドレミコース 発表会に向けて

今日はこれから七田ドレミコースの発表。

リトミックはグループで行う方が得るものも多い場合が多いですが、音感教育は個人でもできますね。その両方を兼ね合わせたカリキュラムがこのドレミコース。

 

むしろ、小学生のピアノの生徒さん全員にこの音感教育したいくらいです、、、という素晴らしい内容。一年やってみてそのカリキュラム、教材、の素晴らしさに、しっかり納得の私です。

 

3月で卒室していくお友達も多い中、4月29日(土)に久々にみんな集合して、

発表会を行います。

 

4月29日朝9時半から10時まで。 なんとI&Iホールで行います!!贅沢でしょう、、近くて、とてもいいピアノ、いいホールです。

 

小さい頃から、そういった空間、空気を感じる、体験するってことも、素敵ですよね。

 

七田ドレミコースで一年間やってきたことを発表できたらなって思います。

 

でも内容は舞台の上でいつものレッスン、となると思います。

 

七田式の特徴である、フラッシュカードもみんな大好きなのでできたらなって考えていますので、まさにレッスンそのまま。

 

お友達お誘いの上、ぜひ見にきてくださいね。