基本的なこと

リトミックの指導をしていると、これが四分音符です。

これが八分音符です。これは何拍子です。という説明はあえてしないけれど、動いて感じて、考えて、たくさんたくさん動きをしてから音符につなげていく。

 

一方、ピアノから導入した生徒さんには最初から、音符との出会いがある。

幼児期はたのしく音符と遊んでいくけれど、ある程度弾けるようになると、つい、わかっているだろう、と思ってしまって、その辺がよくわかってなかったのかぁ、と、繰り返しの大切さと、演奏指導だけではない指導の大切さを身に感じる。

もっともそういったことがわかってないと、演奏もそこからすすまない。

なにより今の自分のポイントになってくるのはレッスンの時間配分。

 

 

音価は七田ドレミコースでは繰り返し繰り返し遊んでいく。

 

ミュージックマインドや、リトミックでも。

 

ここは、ピアノ30分のレッスンの見直しが必要だな、と感じた今日この頃

幼稚園の時代はともかく、小学生も半ばになってくると、ドリルをやる子もいるけれど、基本的にドリルの導入を強制していないからこその、レッスンでの取り組みを考えていかなくてはいけない。

 

いろいろレッスン内容を見直すことが必要だなと、また年末。課題をもってみる。

 

レッスンノートに書いた今月の目標もまったくクリアできなかったしね、

なかなか難しい。

 

でもどこかで挑戦していかないとな。

 

と。

 

あと、ミスなく弾けた=上手に弾けた、ではないこと。それはそれはがんばたことはもちろん素晴らしいのだけれど、そこからはじまりなこともあり、ミスないことですべてよしではない。

 

 

音楽と遊ぶ、楽しむ、聴く、感じる。

 

大切にしていきたいなと改めて思うのでした。

 

専門用語並べて言葉で説明して、わかってもらったつもりの、自分が満足する指導では、習う側にとっては、わからない、ということはミュージクマインドを学ぶ中十分に自分で感じてきていること。

 

よし、年末だ。

 

新年くる前に、もう一度自分の指導をみなおそう、と、また、思うのでした。

 

自分のいたらなさに気づいたら、即改善、そして即実践。

 

 

 

 

寒いけどみんな元気!

朝からとっても元気に登場してくれる「七田ドレミコース」のみんな。

 

1歳から2歳になってお話が上手になってきて、話しているのが可愛くて可愛くて

 

ちょこちょこ動きながら体いっぱいに友達とコミュニケーションとって、一生懸命お話して、ママが笑顔でそこにいるから、いつでも飛び込んでいける

 

みんなにクリスマスプレゼントは何が欲しいの?って聞いたら、みんな一生懸命教えてくれて、、(でも今いち、言ってる内容の理解ができない私)

何回か間違えて私が言うと、違うの!って教えてくれて、ごめんごめん、、、もう可愛すぎる(笑)

 

リトミッククラスは、くるみ割り人形の曲に合わせて、何か出来たらいいなと練習をしましたが、みんなの創造力、洞察力、機転、いろんな力が見えるので、ここは仕込むというより、こどもに任せる、そんな感じにしたいと思ってます。

 

ピアノの生徒さんもクリスマス会の連弾に向けて、予定が大丈夫な場合、お友達のレッスン時間にきてもらい、合わせてみたりしている。

(お母さん、忙しい中ご協力ありがとうございます、、)

 

みんな、連弾、実際にお友達と合わせてみると、とっても楽しそう。

私とやるより、お互いがお互いの音を感じて、どうしようか、なんて相談して、決まると楽しい、こけても楽しい。

 

みんなそれぞれのレッスン時間にやっているので、時間が限られていて、はい、おしまいね!なんて言うと、もっともっと練習したそう。

じゃ、あとはおうちで練習はよろしく😊

 

幼稚園は一緒でも小学校は違ったり、まったく環境はちがうけどこの教室で知り合ったり、、年月が経ちピアノもそれぞれがそれぞれのスタンスで学び、そして、連弾という形でクリスマスを過ごす。

 

素敵な時間になりますように

 

一人で黙々とレッスンを進めていくのもいいけれど、30分、大切な時間だけど、友達と連弾することから学べることはとても大きい

 

うちの子の30分を連弾練習にとられた、、なんて思わないでくださいね。

 

得るものは大きいのです。

 

本当はリハーサルみたいに、みんな集まってやりたいけど

みんないろいろ予定があるから、別の日を設けるのも今回はやらないので。

 

できる範囲で、この機会に、さらなるステップアップや経験をしていくため、貴重な楽しい時間となってます。

 

ピアノを弾くことによって、友達とコミュニケーションとれるって、ピアノ弾けるって最高だね!

 

音楽を通して、いろんなことを伝えていけるとおもってます

 

このクリスマス会でも、わたしの伝えたいことはたくさん。

 

こどもたちが、こころのどこかに、受け止めてくれたらいいな、なんておもいつつ。

 

これが終わったら4月には発表会です。

そろそろ選曲、クリスマス前にはみんの曲を決定したいな、と思ってます。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

気持ちを引き締めて

f:id:MM201112:20171205230832j:plain

さぁ、ここはどこでしょう✨

 

毎日が家事、育児、自分の勉強に仕事で、、

一番後になるのが家事

 

特に郵便物の管理やら、学校の手紙やらなんやらかんやら

整頓されてないから手をつけないまま、、、

 

片付けたいと荒れてる心の私は朝から階段から落ちてはでにあざをつくり、、

 

 年末は掃除するとおもいつつも、寒し気持ちがどうものらない

 

レッスンに来ても玄関が荷物だらけで、みなさん黙ってくれていてありがとう、、みたいな状態。

 

仕事は好き、生きがい、でも、日常は容赦ない、、

 

そんな黄土色に苔が生えたみたいな気分、さよならしたい、、

 

なんか、気分変えたい、そう思ってたら、

もとリトミックの生徒さんのママさんが立ち上げたお仕事を耳にし、さっそく依頼をしてみました!

 

おうちParty

ameblo.jp

 

子どもたちが喜んでくれるような、飾り付けをお願いします🎄

ということで

一部だけ、素敵な空間に(笑)

他は見ないようにしてね。そのまま放置なんで、、、。これを機にぼちぼち片付けます、、

 

今日の生徒さんとうちの子、わぁ!すてき!とおもって、レッスン室に入ったら普通でがっかり〜みたいな(笑)

 

むかし英語教室やってた時は部屋中に装飾を季節ごとにしていた、そんな時代もあったなぁと

 

でも、なんせ、センスがないからね。

 

やってもらって心がハッピーになれて、幸せ

そして、なにより、リトミックの時一緒にいたママとまたお会いできたもの嬉しい。

とはいえ、本当にちょっとで話もろくにできてないけど。

 

このかざりは🎄限定だから、じっくり楽しんでね😊(私のことだから一年間このままでまた🎄がくる、、、みたいなことにならないように、、、と。)

音符のオーナメントなんて、素敵でしょう!!

 

f:id:MM201112:20171205230919j:plain

 

 

 

 

 

 

英国王立音楽検定結果が届きました

英国王立音楽検定とは

www.kakehashi-foundation.jp

 

 

こちらの検定に教室から数人挑んだわけですが

 

イギリスから来た先生の個人レッスンを受けるように試験は進められていき、

 

幼稚園の生徒さんも安心してお母さんと離れ、試験室に入っていけるような温かい雰囲気。

子どもの日頃の力が発揮できるよう、緊張している子どもたちを優しく迎えてくれて、

なごやかな雰囲気が会場を取り巻いていました。

 

こどもたちは、検定が終わるとみんな、すっきりした顔で、悔しい点があったり、完璧だと思ったり、いろいろでしたが、一つ大きな目標を乗り越えたことによりぐーーんと成長した顔になっていました。

 

先生の演奏を聴いて問題に答えるオーラルテストもこの検定の魅力

 

英語がもしかしてわかったんじゃない?なんて笑いながら聞くと、全然わかんないよ〜といいつつ、最初の頃英語が不安と言っていた頃が懐かしい。

 

今回は通訳さんが通訳する前に、先生の言ったことに反応しちゃったよ〜なんて、ピアノ以外にも感じたことはいろいろあったようでした

 

 

楽しんで〜って先生言うけど、結果があると思うと、楽しめない〜なんて気持ちもよくわかる。

 

でもみんな頑張って、素敵な経験ができました。

 

そこへ、結果到着。

 

みんな素晴らしい成績で合格!

 

ママが一番、ホッとしたんじゃないかな。

 

ママ、応援ありがとうございました。

 

みんなに細かく良かった点、今後どのように練習していったらいいかなどの、アドバイスが英文で書かれていて、翻訳されたものは賞状と一緒に、後日くるので、よく噛み砕いて、今後のさらなく目標にしましょうね。

先生のコメントがまたさらなるやる気を導いてくれるのは、またここから、と思えるパワーをくれます。

 

緊張したし、結果より経験とはいえ、みんなホッとしましたね。

おめでとう!!がんばりました!

 

そして、また別の挑戦として、ステップに参加したい生徒さんはおしらせください。

 

詳細はこちら

www.piano.or.jp

 

お月さま

今日はピカピカなお月さまに、なんか刺激もらってしまったのか、んーなんかまぶしすぎ、と見つめつつ


クリスマス会のプログラムがんばってみたのに仕上がりのページが逆、、


またやってしまった、、



なおそうとこころみたけど、よくわからん


逆になっちゃったけど、、いいかしら?、、、😢

12月

あっという間だね

とは、こどもの頃思わなかったけど、今は、こどもたちもいう

 

あっという間だ〜

 

わたしがこどもの頃、2学期は長くて長くて、早く休みになんないかな〜なんて思ったような、、わたしだけ?

 

いまはなんでも効率化で、一年も短くなった?まさか。。

 

ピアノの生徒さんとは一週間に1回会う、おやすみで一週あくとなんだか変な感じ。

 

クリスマス会まではあと何回のレッスンだね〜なんて話すと、え〜!!みたいな。

 

一週間はあっという間だね

 

12月、空気がすっかり冬

 

うちのレッスン室の横に謎の木が生えていたのが気になったんだけど、

詳しいママが「なんてんですよ」って「かわいいでしょ、素敵な意味もありますよ」って教えてくれて、そうなんだ、ってすっごい幸せな気持ちになった、、、とわたし。

 

ここ最近意味もわからずどんどん大きくなる植物だけど、なんかかわいいなと思っていて、でも、変な木だったらやだなーとか思いつつ、夏に空調が壊れこれは空調工事にじゃまだよな、、とちょっとザクザク切ってしまったんだけど、全部切る勇気はなくほっておいたらまたどんどん大きくなって、、、

 

なんだろーーって思っていたから、すっきり。

 

ずっとほっておいてるから、ほっといていいのかな、、

 

いっつもみんなのピアノ聴いてるから、元気なのかな。

 

なんか、すごい幸せな気持ちになった今週の話でした。

 

 

 

 

積み重ねてきたこと

私はイベントをわりとやる方だとおもう。

 

保護者の方に大きな負担にならなければいいな、と思いつつ、企画しているつもりだけど、多少なりとも、すみません〜って思うことは多々。

 

でも、みなさんのご協力あってのイベントになるので、いつもほんとうにありがとうございます。

 

そして、毎回、わたしの抜けだらけのイベントを支えてくれている子どもたち。

 

なんでも手伝うよ〜なんかないの〜?って、ありがとうね

 

台本を配りつつ、お友達の名前を間違えなければ、あとは自己流でいいよ。

なるべく、台本にかぶりついて進行するんじゃなくて、よろしくね〜

わたしがやりたいことは、こんな感じのこと、それさえおさえといてくれればオッケー!

 

というと、りょうかい〜!とか、だいじょうぶかな、できるかな?とか

こどもたちの反応はいろいろだけど、、、

間違えたって大丈夫!わたしもたぶんそばにいるし。

 

さて、あしたは、結構長いセリフのやりとりを、まだ司会役をやったことのない4年生たちに割り当てている。どうやってお願いしよかな😊それも楽しみ。

 

なんて返事がかえってくるかな😊

 

でも、以前のお楽しみクリスマス会で小学生はみんな舞台で音読は経験してる

 

ちょっとちょっとの積み重ねで、みんなの不安は少ないはず。

 

今回1、2年生はお手伝いを大きく振ってはいないのだけれど、幼稚園生たちや年上の子たちと交わることによって、感じることが何かあればいいなと。

 

ホテルの発表会のとき、1年生から学年ごとにグループ発表をしたようなことも、またやっていきたいし。

 

大切に育てて育てて

なんとなく学年によってカラー、キャラクターがあるな〜って思うのですが、

それも面白い。

 

この場は音楽教室

みんなピアノが共通。

 

はずかしがりやさんも、一人が好きな子も、賑やかな子も、はりきれる子も、

いろんな子がいて、でもみんなピアノが共通。

 

一言も誰とも話しをしたくなくたって大丈夫。それでも、みんな友達。音楽がずっとすぐそばにいる。(ちょっと強引にゲームタイムはありますが、、やりたくなければ見てるだけももちろん問題なし、基本的に景品でみな半ば誘導的に参加してますが、参加しちゃえばどうってことない、楽しそう、リトミック的なことを盛り込んでいくらでも考えられるけど、時間が少しだから、ちょっとだけだし)

 

ルールはあるけれど、自分で考えて行動していけるような、そして、自分の殻にいるのでもなく、限られた友達だけとの小さな輪の中にいるのでもなく、もっと大きな空間で、周りを感じて、音楽に包まれて、人を感じて

 

そんなやさしい空間がみんなで創れたらいいな

 

ホールは広いから、わたしはみんなに目は届かないけれど、きっと、みんなの力で、一人一人の目で、素敵なことが起こっていると、

 

いつも感じる

 

誰かが悲しんでしまうような会はしたくないって、イベントを企画する時、毎回思う。

 

でも、なかなか完璧にはむずかしい。

 

わたし一人では無理。いっときは、もうイベントはわたしには主催できないと思ったこともある。

 

だけど、

こどもたちの言葉に勇気をもらう。

こどもたちに、またやってほしいな、って言われるとわたし、嬉しい、すぐ頑張れる。

 

話しは変わって、幼稚園クラスのリトミック、お教室内でのクリスマス会なのですが、こちらもくるみ割り人形をセリフを交えてやる予定。

 

幼稚園生の演技の上手さにびっくり。

 

またすぐに動ける。ステップとかは、普段より断然少ないからか、とってもすんなり動いていき、またフォーメーションを考えたり、瞬間的になにかを創り上げていく

 

すごいな〜発想力。

 

仕上がりがどうなるかはなんとも言えないのですが、ベースをリトミックに置くと、これだけ演技もできるのか?と驚きでした。空想ごっこもたくさんしてきたからね。

 

ということで、積み重ねって素晴らしいなって思う今日でした