理想と現実

娘を見ているといつも突きつけられる課題。

 

理想と現実。

 

娘のピアノ。

 

練習しないとイライラ、、、

今度は練習し始めたのにただ弾くだけ、、、にどうにもイライラ

ただ弾くといっても、娘自体は満足してやってるんだと思う。それでいいと思ってるのかどうなのか。

 

さっきもブログで書いたけど、リトミックで経験する気づき、を今の練習曲で得たのなら何故に努力をしない。。。。それに気づいてなぜスルーする、、、、

どうしてその感覚を活かせないのか、、、、、

 

どうして、それで自分として満足にできていると思うのか、、、、もっとよくしたいとか思わないのかとか、、

 

私もリトミックは学んでも学んでも学び続けたいと思うくらいいろんなことを感じることだから、こどもとの関わりもそう簡単に何かを求めるはいけないのかも、、なんども気持ちを落ち着かせ、、娘の心理も考え、、、

 

もし私が今、学んでることをそのまま娘にもアプローチし続けられたなら、どれだけ素敵なのだろうか、、、、私だってせっかく学んでいるんだから、我が子に活かしていきたい。

 

でもね、でもね、、、

 

感情をつついてくる言葉を言われると、、、本当に、、自己防衛本能か、それに関して関わりを諦める方向に意識が働き、、

 

こうやったらもっと上手になるってわかっている目の前の出来事に、

 

目をつぶる、、、

 

あぁぁぁぁ、、

 

でもさぁぁぁ

 

私もどんなに練習しても上手にならないという現実は散々経験してきて、向き不向きをを言ったらそれまでだし、そういうことじゃないし、

 

いまだって、心が大切ってわかっても毎回心を込めて自分のピアノを練習できるかって言われたらなかなかできないし。

 

勉強していることを日常的に常に忘れないでいられる思考を持ちたい、そうでありたい自分理想と、もう一回心を洗濯して真っ白にして、いきてみたいな〜なんて思う現実。

 

仕事と子育ては混同しないでいたいけど、学びで得る知識は子育てに素晴らしいことばかりで、なのに、なかなかきちんとした母親になれてない自分に反省ばかり。

 

娘がいるから自分がいる。

 

どうあれ、一番大切なのは娘たちに変わりはないのだけれど。。。。

 

 

リトミッククラス

リトミックっていったい何にいいの?

 

継続して通ってくださってるママたちも思うことがあると思います。

 

でも、感じていることもあると思います。

 

運動会やお遊戯会、お歌の会、集団の中でこどもらしく何か光るものを見つけることがありませんか?

 

それがリトミック効果なのかなぁと感じてくださることも、でも直接的ではないからやってなくてもできていたかなぁとか。。

 

リトミックやっていたら、どうなるの?

 

いろんなことの、元になる?みたいなのはなんとなくわかるけど、大きくなるにつれ別にわざわざレッスンに通わなくてもリトミックはもういいかな、みたいな、、、

 

感じたことを考えて表現して、、ってあえて習うものなのか、、?

 

年齢も上がってくるとできることも増えてくるので、振り付けが決まっていて、ここをこうすれば綺麗に見えてとか、こうやって泳げばクロールができてとか、礼儀も習えて集団の中で協力し活躍できるものがいいとか、練習すれば上達がはっきり見えるものの方が習わせるならいいかな〜ってなると思います。

 

幼児期のリトミックをここで経験し、その後活躍する様子はよく耳に入り、また、とくに効果が見受けられない話を聞くこともありますが(笑)それはそれでもその後の様子が聞けることはとても嬉しいものです。

 

いろいろ悩ましいことはあると思うのですが、今年中さんから小学生の子どもたちが一緒にレッスンできているクラスを継続できていることを、本当に感謝しています。

 

そして、年少クラス、土曜クラス、日曜クラス、と人数は少なくとも、リトミックレッスンをさせていただいている、信頼して大切なお子さんを預けてくださる思いを、真摯に受け止めています。

 

昨日は年中さんから小学生のクラス。

 

年上がすごい、ということは教室ではとくにそういうふうにはしないのですが、小学生はできることや理解する力や使える言葉が違ってきます。

 

かといって幼稚園生ができないということではないですね。

 

年中さんはまだそれはできない、と本人がおもうこともあります。

 

でも、挑戦するとできてきたりする経験は諦めない心を強くしていきます。

 

とくに思ったことを言う、表現するということはやはりこのクラスでずっと取り組んでいきているので、ずっと共に過ごしていることの凄さを感じます。

 

例えば、、

ここ最近のレッスンでの出来事では、、

 

ティティター(八分音符八分音符四分音符)とターティティ(四分音符八分音符八分音符)のリズムのキャラクターの違いという取り組みで。

 

この二つのリズムは同じ音符を使用してますが、性格が違います。

 

それを感じるところから。(これは私もいまもなお自分でレッスンを受けて実際に感じ経験してます)

 

まず正確に音価を聴き取り動けなくては遊べないのですが、そこはかなり経験してきています。この課題も毎年やっているので初めてではないのです。

 

体をうまくコントロールして、ピアノの音をよく聴く力もなくてはいけません。

誰かの真似をするのではなく、自分と音と、自分の体のコントロールと、風の動きに、部屋の広さ、行きたい方向、など一人一人自分と音楽と動きに集中していきます。

 

いつものようにビートに合わせて歩くとこから始めて、途中でリズムを変えていきます。こどもたちの体は自然に反応して動いていきます。

 

今動いてみてどう思った?

 

みんな、一生懸命感じたことを言葉にしてくれます。

「最初はふつうで〜途中からてぃてぃたーになった、、」とか

「最初はターターで途中から変わった」とか

 

それからさらに二つのリズムを動いて

 

みんなで何か違うか考えます。人の動きも見て考えます。さらに自分で動いて感じてみます。

何か違ったかな。なにか気づくことはあったかな?

 

みんな違いを思い思いの言葉で答えてくれます。すごいです。

 

 

パズルで大きさもみてみます。

 

また動いてみます。

 

指揮もつけてみます。

 

全然違う気持ちになることを経験していきます。

 

みんなにまた何か思った?って聞くと、

 

みんなまた個々の言葉で答えてくれます。

 

自分が感じたことを言葉にするまでには、いろんなことを考えています。

いろんなことに気づいています。

 

それをいろいろなことで繰り返し繰り返し体に入れていきます。

 

まだ漠然としかわからないことも、自然にその違いを習得したことによって、

 

その過程に起こっている、何か気づく経験は、なにかの上達として目にみませんが

レッスンで言葉でいってもらうことによって、すごいことが起きていると私は感じています。ピアノのレッスンにはこの感覚はとても効果的なことは言うまでもなく。

 

こういって、書き出すと長くなって、また抽象的になってしまう、、

本当に、この辺も、もっともっと私も勉強して、うまく言語化してみんなにリトミックってすてきなんだよ〜って伝えられたらいいんのですが。

 

そろそろ七田ドレミコースの時間で焦ってきました。

 

まだ幼稚園に通う前は、その前にママとできる素晴らしい経験を、と、取り入れた七田ドレミコースですので、今日もまた楽しみです!

 

 

 

6月

去年の今頃は7月のホテルオークラでのピアノのサマーコンサートを目前に、なにやっていたかな〜

なんて、ふと振り返り、この気圧にやられて頭痛と腰痛、肩こりにすっきりしない毎日。

なんだかんだチャンスを見つけてはとりあえずぐずる下の子に、いたってマイペースな上の子。

 

とりあえず、片付けしないとこの頭痛は治らないような、、、

 

ピアノの練習ってこどもの頃は、なかなか時間が進まなくて、何分練習しなさい、とか、お母さんに言われて、なんとかイヤイヤその時間を過ごすような、、

 

それって本当に今思うと、残念な練習方法だったような、

やらないよりやったほうがいいのか?とかいうことより、

 

練習時間より練習内容が大切だよな、。。

 

うわべだけをいくら練習しても解決しないことが何だったのかということを、最近になって自分自身よくわかるようになって

 

ピアノ前に座って楽譜とりあえず置いて、鍵盤の上で指動かして、とりあえず楽譜に書いてある音符を押して、30分たつのをとりあえず待つ。

 

ピアノの前に座って自分の脱力を感じ、楽譜を広げ、そこに描かれた音符の世界を見つめ、作曲者のことを考え、調べ、どんな曲が奏でられるのかパターンを見つけ、イメージし。強弱のニュアンスやリズムの動き、音程によりみえること、どれだけの発見ができることだろうか。

 

きっといまなら鍵盤触ることさえなく、それで30分経ってしまっているかもしれない。30分じゃたりない。

 

それは、指を動かしてないから、ピアノを弾いてないから、ピアノの練習時間に入らないでしょ、っていわれちゃうかな。と、当時の母と私の関係を思ってみたり。

 

どっちにしろ、そんなふうに、楽譜を見てまずいろいろ発見してみるなんて、当時の私に求めても、無理だろうな、、と行き着く

 

なんでこんなこと思ったかなっていうと、

娘があまりにピアノを練習しないので、いくらなんでもこの若き時間、指を動かさなくてもったいないだろう、、と、また弾くことによって発見することも多くある、分析は一緒にとりくんだんだから、あとは弾こうよ、という段階で、、地道な努力ができない。

 

夏休み、ディズニーランドかシーに連れて行ってあげるから、この曲をまずは100回は弾くことを目標にしよう

 

といったら、ありえない、、

その一時間後、、、

ママ〜もう49回弾いたよ〜❤️

 

。。。。できるわけ、ないでしょ、いったいどんな練習でそんなことができたのか、、

1分で弾けるの曲じゃないんですよ、、どんな高速で弾いたの?早送りですか?

 

 

 

あ、、うちの子に回数制は意味ないのだと。改めて。

 

見張ってなきゃやらないのかな〜、、、

 

間違って弾いていても、どうして先に行くのかな、、どうしてそこ練習しないかなってイライライライラしつつ

 

それでも、ピアノが弾けるって本当にすごいことだと思うし、この子が大きくなったらきっとやってきてよかってって思えるから

 

なんとか下の娘にはピアノは続けさせたいな〜と思うので、怒り爆発しないためにも極力練習姿勢に関わらないことにしているのですが、、、

(上の子は5歳からバシバシやってしまって、ピアノ6歳で親子関係悪化のためやめちゃったので、、)

 

ほんとに、練習しなきゃ上達しないのはみんな自分でわかってるとおもうし、練習できなかったんだよな〜ってなにかしら心に引っかかることもあると思う。

でも、現実忙しいし、練習できないのは仕方ないって自分でなっとくさせたり、練習しろって言われてもできないからもうやめたいっておもうこともあるかもしれない。それは悲しい。

練習しないでレッスンにいっても、学べることは沢山ある。

でも、あとは自分の努力どこだよってとこは、どうしたって家庭での練習時間が大切になってくる。

 

レッスンに行くだけでだんだんスキルが上がるかというと、最初の頃はそれでも少しづつできるようになっていくことも多いけど、ある程度にくるとそれはなかなか難しい。

 

やはりお家で練習してできないこと、わからないこと、上手にできたでもなんでも、なにかに気づいて何かを発見できて、自分が何かを感じてくるということも大切になってくる。

 

どうやって練習したらいいか、どんな練習ならできるか、いろいろ練習の仕方を導いてあげることがただ弾いて練習する以外にも考えていってあげることが必要だよな〜と娘を見ていておもうのでした、、でも、はたから何を言おうと難しいことで、本人がどう思うか、どう向き合えるか、その辺を考えたいな〜と

 

一人一人違う。

 

私も勉強の日々です。

 

 

あぁ、、洗濯できたので、干すかな。

 

 

 

 

 

 

レッスンに行くということ

人によって全然違う感覚だとおもうけれど。

 

明日もわたしは自分のレッスンに行きますが、、

 

す、すみません、練習チョローーットしか復習してないし、

身だけ行きます。どうであれ、行くだけ行きます。行きたいから。

 

でも、もし、疲れていて、眠くて、あくびもでる、やる気持ちもない、気分も乗らない、周りにガヤガヤ言われてもともとの気分も悪い、ほかにやりたいこともある。

そんなときレッスンに行かなくちゃいけなくて、行ったとしたら、どうでしょう。

 

もしかしたら、行ってよかったって思うかも。

 

もしかしたら、ただときを過ごしただけになってしまうかも。

 

もしかしたら、もっと嫌なことが起こるかも。

 

でも、行くということに大きな意味がある、ということは、あるのです。

 

 

さすがに大人なんで心の調子が悪ければ行かないという選択もあるかもしれません。

 

そういう、選択も、したほうがいいこともあるかもしれません。

 

でも、まずは、レッスンに行く、その勇気も必要で。

 

まず、宿題、勉強してないからいかない、というのはなし、それは恥かいても行くがいい。

 

疲れてた態度でレッスン態度が悪くて、怒られることは、大人になるとそうありません。というか、そこまで態度悪くレッスン受けることにも勇気が必要になります

そもそも、そんな態度になってしまうようなレッスンに通おうとは思わないでしょう、、、

 

でも、子どもはどうでしょう。

 

疲れていたり、嫌なことがあったり、表現方法や発散方法がわからなくて、態度が悪くなってしまうこともあるでしょう。

 

疲れていたら、疲れた態度、いやなら、いやな態度、でいいのでしょうか。

いいと思います。いろんな時があります。いろんな理由があります。

 

それは、お母さんと生徒と先生の関係ではなく、生徒と先生の関係で、乗り越えていくべきことかなぁとおもいます。 

 

でも、そこにはお家の方の協力が必要なことも多々あります。

 

なんでレッスンに来たか。

 

それが、ほっとした時間、毎週の習慣、上達したいから、知りたいから、先生に会いたいから、ピアノが弾きたいから、行けといわれたから、なんとなく、どんな理由でも、いやいや来て、いやいやときを過ごしてしまうなんて悲しい。

 

いやいや来たとしても、帰るときは、すっきりしてほしい。

 

と思うけど。

 

そしてそんな気分の子を連れてきてくれるお家の方の愛。

 

あなたはたくさん愛されているのですよ、って思いつつ、いただいた時間をわたしはわたしなりの時をおくる。

 

疲れていても、いやでも、来てくれたなら、そこで考えよう

 

いろんな方法でレッスンはできます。

 

でもね、ときには大きく受け止め、ときには戦わなきゃいけないときってのも、あるかな、って思います

 

いろんな理由はあるし、いろんな事情がある

 

ときにはその理由が大きいときも、その事情が凄まじいときも、あるとおもう。

 

でも、みんな乗り越えていく。

 

みんなみんな応援しているから。

 

    明日もがんばろう!!

 

 

6月に入って

やっと6月もう6月。

 

5月は運動会のあるところも多いし、気温の変化環境の変化に体調崩してしまったり

 

5月といえば爽やかに感じるけど、なんだか心も体も疲れが出て

 

このジメジメ梅雨の時期、やっと生活のペースがつかめてきたような

 

今週はどうしても今行きたいセミナーを受講したいため、急遽レッスンをお休みさせてもらったり、レッスンからの帰宅が遅れ生徒さんに迷惑かけてしまったりと、、と

ちょっと強行だったのですが、、

 

反省も含め、、、

 

ここ最近は自分のリトミックのレッスンに日曜日行って、わーー楽しかった〜今日も勉強した〜って思いつつ、一週空いて月曜にまたレッスンを受けた時、一週間で全て忘れてる自分を目の当たりにし愕然、、、

 

やってみると、あぁたしかに、、、って思っても、瞬間的に頭が回転しない

 

でも、これでだいぶわかったかな、、、と思いつつも、ぜんぜんまだまだなんだよね。。

 

というのが学ぶ気持ちを諦めないでいられるリトミック

 

金曜は小原孝さんの公開レッスン&レクチャーコンサートに参加し、こどもたちにこうやって伝えていけたら素敵だな、とか学びも大きかったけど、贅沢な優雅な時に夢うつつ。

 

火曜はいくつかのレッスンをお休みさせていただき、赤松林太郎さんの対位法指導についての講座を受講、これも受講させていただき、本当によかった。

 

木曜は新刊の楽譜「ふたりで弾こう!ピアノびっくり箱」のセミナーへ。美しい音色って素敵。ちょっと疲れてる時とか、練習ができなかった時や、知ってる曲を弾いてみたい小さな生徒さんに、素敵な音の世界を経験してもらえるかなって。

 

楽譜見ただけでは気づけないことがセミナーにいくとたくさん発見できるから、わたしの場合家でグダグダしてるより、行ってしまった方がいい。

乏しいわたしの発想をはるかに超えた学びを得ることができるから。

 

自分のリトミックもピアノ指導法や曲分析にしても、生徒のみんながいるからやろう、って思うことで、みんながいなかったら、今の自分はいないということは確実なことで。

 

8月はいろんな学びがお休みになるので、今のうちにためて、じっくり休み中に振り返りしていきたいなぁと。

 

こどもたちにより音楽の楽しさを伝えていきたいのなら、わたしの指導法を振り返るが早いということで、動ける時は動いていきたいなと思ってます。

 

みんなにリトミックの楽しさ、音楽の楽しさ、ピアノが弾けるってとっても素敵、って押し付けでなく感じてもらえるよう、まずはわたしも存分に音楽の魅力を感じることも大切だなって感じる今日この頃です。

 

さて、今日はフリー。練習するか、掃除するか、サウナ行くか。

 

 

送り迎え

小さな子の習い事に必須なのが「送り迎え」

 

たとえ大きくなってきても、習い事、塾も含め、強制でない部活も含め、

 

必ずみんなややらなくてはいけないもの、の他に、なにかこの子のために、、、やりたいというならその気持ちを応援したい、、、、とかって

 

おもうと、少なからず、そのための時間を考えての生活ペースになる、、

 

 

いくらこどものために、、って内心思っても、今自分が想う心(理想とするイメージ?)にこどもが都合いいように応えてくれるわけでもないわけで、もしかしたらあたりまえに思っていて、気付いてくれるわけでもないかもしれない、ときにはスランプなど辛い時期も出てくる子を励ましたりすることもあるかもしれない、、なかなか目先よければ、でできることではない。

 

 

 最近少しずつ年齢も上がってきて、一人で来られるようになった子もボチボチ出てきたけど、一人で来れたことにも大きな拍手をいつも思う。

疲れていても、遊びたくても、暑くても寒くても、頑張ってきてくれたんだねって。

 

みんなみんな

家族に支えられて、習い事ができるって、凄いことだ。。

 

 

 

今日も、レッスン、大切にがんばろう!

 

わたしができることは、それだ

今度は洗面台が〜😭

なんと、、夜、

あれ?なんか水漏れ?

 

よく見ると洗面台のレバーから水漏れ、、

それくらいの状態だから大惨事でなくよかったかもだけど、水栓を閉めることも私の力では無理、、しのびよる恐怖、、、

 

もうどうしようもなく、、深夜12時 水のトラブル〜〜へ電話。。。

 

行くだけでお金かかってしまいますけど、いいですか?

。。。明日の午前中まで待つか、、でも、漏れてるし、、

仕方ないです、ひどくなったら大変だし、、、元を止めることも動かない、

どうしたらいいかわかんないし、、

 

で、来ていただき、老朽化が原因との、。

 

何通りか方法を教えていただき、、

 

いざ選択、、

 

エアコン先日やっと変えたばかり、、その支払いも終わってないでしょ〜

無理でしょ〜これ以上の出費、、、、

 

ということで、とりあえず、応急処置していただいたので、それで、、

 

交換とかもすぐしてくれるみたいだったけど、、今は無理だ、、、、どう考えても。

 

ということで、我が家の洗面台は使えなくなった、、、のである、、の巻。

 

もう、これ以上なにも壊れないで、、お願い、、、と泣きたくなるのでした、、、