読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳からのリトミッククラス

今年度は年中、年長、小一のメンバーでのリトミッククラス。

 

レッスン報告を書こう書こう、と思いつつ、すごいな〜楽しいな〜って感動することが多すぎて、文章になかなか書けなくて、、、でもいい加減、様子をお伝えしないと、、、と。。。クラスラインで報告、とも思ったのですが、携帯の打ち込みに時間がかかりそうなんで、こちらで、、、

 

みんな継続生なので、スムーズになんでも取り組むことができる、ということは、そういった基礎的なことはすでに出来上がっている、という状況がまずすごい、メンバーが変わっても変わらないみんなです。

 

みんな、なにかしたくってうずうずなので、今日はなにやるの?なにやるの?って。

 

今月はタータータースンのリズムパターンで遊び、和音の聴き分け。ニュアンスの違い(長調短調、強弱)。身体の使い方。音を聴くこと(音が聴こえなくなるまで聴く、など)そして音楽鑑賞。

 

曲を聴いてね、というと、目を閉じてじっくり聴き入る姿も。

 

聴く、ということができる、って素晴らしいなって思います。

そして、何かを感じる。気づく。

 

そして、トーンチャイムの扱い方から曲を演奏してみよう、というくだりでは、

あと、⚪️分しかないよ、練習時間ないじゃん、演奏できるかな?なんて随分考えた質問も。大丈夫だよ、みんなが知ってる曲があるから、って一曲演奏してみると、、、

 

ねー、きらきらぼしくらいならすぐ演奏できるんじゃない?なんて発言も。

 

いろいろ経験してくると、いろいろつながってきますね。

 

音階でたくさん遊んでいるので、体に音の感覚はすでに入っています。

 

よく聴く、感じることもできるので、いろんなことで音楽を楽しめ、時には難しいこともありますが、年下の子も上の子も一緒に学んでいる環境がとてもいい状況になっています。

 

トーンチャイムでは音を最後まで聴いてみる、ということから、音を渡していく(バドミントンのように)という活動。

楽しい感情と瞬間的に反応してしまうことを少し抑えて落ち着くことと、飲み込んで、受け渡す感じを、うまく感じれる子も、ついつい瞬間的に反応してしまう子も、まだそれぞれではありますが、

音が飛んでくるタイミングを集中して待ち、打ち方によって音が飛んでくるスピードの違い、音が小さくなっていく様子、トーンチィムの打ち方を変えることにより(打つ時の空間の使いかた、体の使いかた)、音が移動する感じの違いなどたくさんのことを感じることができます。またみんな、感じとる力がついています。音の流れの中、音を受け取り、目で合図をして呼吸を整え音をパスしていく、という過程はかなり難しいように思います。体をどのように使うかということでも違ってきます。

 

(なんかもうちょっと考えて書かないと文章にするのムズカしい、、、ごめん、、、、)

 

その後、強弱(ニュアンスの違い)では、たまたま「トントン前」という表現がこどもたちから出てきたので、小さなトントン前、から大きなトントン前で、みんなでやると、大きな空間移動を伴って、エネルギーを感じることができ楽しかったのではないかなと思います。

 

イメージからの強い感じ、やさしい感じ、をやった時も、まるでパントマイムだね〜なんてゆり先生に言われるくらい、表現豊かに音と動きを楽しみました。

 

来週も、引き続き、ニュアンス、ビート、受け渡し、休符、音を聴く、ということを大きな狙いとして、どんなレッスンにしようかなって、どんな反応するかなってワクワクです。

 

急いで書いちゃったけど、、すみません、、、もっとわかりやすく文章まとめないとですね、、

 

あ、そして、こどもたち、体の動かす可動域は広がってきてますし、自由な表現も「わからない」とかいって凹むことがなくなったように思います。自分で考えて自分なりに表現するということに慣れてきたようです。

初夏のこの頃

発表会が終わって、家の整理から、エアコン壊れて、一大イベントのようなエアコン取り付け作業も終わり、運動会が終わり、、

 

やっとほっと、したら、上の子が新しくバイトを始めると、、


 

ママはそのバイトをして欲しくない、、という話をコンコンとして、、

 

娘は諦めたのでした、、、

 

改めて、娘に、やりたいこともやらしてくれない、うざいママだとおもった?

面倒な親だとおもった?くそって思った?内緒にしておけばよかったとかおもった? 

 

と聞くと、反対されてバイトしても気持ちよくないし、内緒にするつもりはないし、大丈夫だよ。

 

って言われて、、、、ちょっと寂しそうだったけど、ほっとした今日この頃。

 

子どもはわたしの所有物ではないから、必ず子どもとはいえ、本人の意思を尊重したいとはおもっている。

でも、それには、すべて受け入れることができないこともある。

 

わたしの思いを伝えることしかできない、そこで、彼女が考えて答えを出していく、それを親という力を持って拒否したり否定したりすることはできない。

 

それでも、愛を伝えていくしかすべはなく。

 

こどもたちが幸せに生きていけますように、ただただその思い。

 

さて、仕事もたくさんためてしまってます。

 

リトミックのレッスン報告もしたい。

 

ということで、さて、仕事したい(笑)

エアコン工事終了

五時間


工事の方。1人で休みなく、、



お昼はさんでたのに、食べると仕事できなくなるから食べませんよーと、   


真に受けてお昼もださず。


わたしも食べると仕事にならない時もあるし食べなきゃ仕事できないときもあるし、そうかー、と。



にしても、、


大変な仕事だー


親切にお仕事してくださり


エアコンて工事大変だー


10年以上もってほしい、、


10年?、、、下の子も二十歳か、、わぁー


ということで


これでエアコンいつまで大丈夫かな、、という不安はひとまずなくなりました。








ソルフェージュクラス

この教室のソルフェージュクラスは、より音楽を豊かに感じ、楽しむためのクラス。

 

新クラスがスタートしました。

 

さて、お題となる曲をみんなに配ると。。

 

これってさぁ、発表会とかに弾けそう!よさそうじゃん。と4、5年生。

まだ聴いたことないであろう曲も、譜面見ただけでワクワクできるって素敵。

 

ちょっと難しそうだけど、なんだかわかる。

 

そう思った時の「わぁ〜」って気持ち。

 

難しすぎても簡単すぎても感じられない気持ち。

 

内心私は選曲にやった〜!っとおもいつつ。

 

まるっきり分からない1、2年生も、オネエさんたちに助けられながら楽曲分析。

 

ピアノを弾かないで、楽譜だけを見つめ、いろいろ発見していくことは、ピアノ以外にも通じることでしょう。

 

私自身ソルフェージュレッスンはピアノ以外に3年生から習っていましたが、お姉さんたちにたくさん助けられてきました。

 

専門に進むまでは楽曲分析をした記憶はないのですが、ピアノの先生が大まかに教えてくれていることはあったのかも、と記憶をたどり、、。

 

音楽高校に入ってから楽曲分析の授業を受け、とっても楽しかったし、なかなか難しかったのを今でも思い出します。

 

でも、それがいかに大切かということはわかっていても、短いレッスン時間で伝えていくのはなかなか私の意識が必要。なんでもすぐ忘れてしまう私の勉強ももちろん絶対必要。またついついピアノを弾くということだけにレッスンが偏りがちになってしまう子も出てきてしまう。

 

だから、今年からレッスンノートにワンポイントレッスンとして、楽典ソルフェージュの基礎が大まかにでも絶対触れらるよう、自分自身意思をしっかり持つためにも、すでにプリントして書き込んでいます。

 

練習して丸をもらう、ということだけがレッスンの目標ではなく、みんなに視点を広く持ってピアノを取り組んでもらえたらいいな、、、、

 

って試行錯誤、そんなことを考えていくのも楽しいし、わかりやすく伝えるのにも、私自身もっと勉強しなきゃなっていうのは常にで、4月に発表会終わって今この時期、すっきりしている自分がなにかと好スタートな気分になっていることを感じる今日この頃。

 

明日、無事にエアコン工事終了しますように、、、、、

 

母の日

基本的に年間イベントはクリスマスと子どもの誕生日以外スル〜〜〜

な、我が家。

 

何かあるたび、自分で好きなスパゲティつくってお酒のんで、今日はママのご褒美デイとか解放デイとか訳ありデイとか言っては一人楽しんでいるので自由で幸せですが。

 

でも毎年何らかのお手紙が誕生日と母の日は下の子からはあった、、

(もちろん上の子はスルー、数年前からおさいふ買ってあげるね〜といいつつ、彼女のおさがりをもらったっきりなんだけどなぁ、、、)

 

今年は手紙も作ってる気配さえない。。誕生日も「オメデトー!」と一言、、

 覚えていてくれてありがと。

と、思ったら

 

出張レッスン先(毎回娘も連れて行っていて)で、3週間くらい前から母の日企画してくれていたようで、、

 

びっくり。

 

まったく知らなかった。

 

中身の綿は、その御宅で育てた綿も使用していて

 

そんなに前から、こんな素敵なことに娘を誘導してくださり、

 

大きな優しさと愛情を頂いてしまいました。

娘にそういった経験をさせてくださった大きな優しさに、胸が熱くなります。

 

今年は、、今年に限ったことではないですが、

 

大きな愛情を周りの方から頂いてしまっていることをひしひし感じることが多く、

 

そのご恩はピアノを通して、しっかり心を込めてお返ししていけるよう、

 

自分にできることを今まで同様、向き合っていこうと、初心を常にの思いです。

 

みんなに助けてもらい、そして、暖かな愛をいただき、

 

夢を見ることができる一歩一歩を確実に、毎日を大切に生きていきたいなって

 

母の日

 

みんなみんな優しさに包まれて。。。

 

 

 

、、、何もしてない自分を改めて反省、、、

 

f:id:MM201112:20170514211119j:plain

 

来年度の話だけど

昨日はピアノの生徒さんの話をブログに書いたけどやっぱ恥ずかしいから隠しちゃいましたー=(^.^)=


さて、発表会がおわり、みんな素晴らしかったですよね!!

あらたに、一人一人練習の仕方を見直してます


で、4月はバタバタだったからもう発表会はやらない


とおもいつつ


終わると案外いいかなー、なんて振り返り。


去年は11月に検定、クリスマスにも演奏し、1月ステップ、それからの発表会の練習にインフルエンザ、新学期の疲れ


うちはずっと夏が発表会のイメージだからなんかしっくりしなかったけど、、



来年度7月が発表会だと、林間学校やら吹奏楽やら、日程がよめない、

6月もオープンスクール

5月は運動会


8月はなしでしょー

やすみあけの9月もなしかなー

8月は伸びる時期でもあるから開放的なレッスンがしたいから、、


10月も運動会

11月は学校イベント多し、


12月はクリスマスさけて可能か、ただ、ホール抽選が12月はきびしいかなー、、


1月は気分的にないでしょー


2月はインフルエンザ


3月はホールなかなかとれないし、風邪からのたちなおりに時間がかかる


となると、、



なかなか発表会の日程決めるのむずかしい

空いてるときの土日のホールか、平日ホテルか


そうそうに週末ホールは空いていない、、

しかも一年前からの予約の抽選


どちらにせよ、来年度五年になるこたちは、ホワイトスクールより林間学校が多いから、夏はなしかなー、、



と考えて


みんなのステップアップをまた感じることのできる会を考える、まだ新年度始まったばかりで、もう来年度?


そんなことを視野に入れて生きられる自分のまわりすべてに、感謝です


発表会でミスしたってそんなのかなしまないで、と、話してるのに、わりとみんな悔しいみたいで


リベンジだな!


ミスなんてちいさなこと、気にしなで!といっても、やっぱ悔しいよね


みんな大きくなったなー


とはいえ、まだまだオクターブもとどくかどうか。


まだまだ、楽しい扉がまってるからねー


で、スケジュール、悩む悩む、勝手に悩む、、、が、わからないもの相手にだから、あまり、きにしないーが、いいのかな、、、






今日は七田ドレミコース

今日から5月のカリキュラムになります


昨日のリトミック報告もまだですが、元気に発表会後スタートです


今月のドイツ語のうたに合わせて遊ぶ小道具たち🐝


みんな楽しんでくれるといいな💕f:id:MM201112:20170510090407j:plain